シェービング剤と言うと、泡が綿密で大量に出て来るものが良いと思われがちです。しかし、実際には様々な成分と働きをもった商品が存在しており、その種類と選び方も様々です。泡だけに捉われない、色々な目線からの選び方をご紹介します。

 

「イオン水に注目する」

皆さんは、イオン水をご存知でしょうか?ミネラルウォーター等の飲料水においてよく聞く言葉だと思いますが、実はシェービング剤の中にもよく含まれています。肌に直接付着させる事によって効果を発揮する成分は多くありますが、この成分はヒゲに直接作用するのが特徴です。硬くて剃りにくい毛を柔らかくする働きがあるため、毛が太くて硬いと言う方は特に選ぶ際に重要なポイントとなります。泡と言うのは、主にカミソリの滑りを良くする効果がメインなので、髭自体に効果があるものにも着目してみましょう。

 

「スキンケア効果は意外と重要!」

スキンケアと言うと、肌を大切にする女性専用のワードと思いがちです。しかし、肌の強さ弱さと言うのは性別における違いはほぼありません。そして、髭剃りと言うのは鋭利な刃を肌に直接当てる事になる訳ですから、肌を傷付ける事は避けられません。つまり、この軽い怪我とも言える現象から肌を守る意味でも、スキンケアは重要なポイントとなります。傷付けると言っても、本当に皮脂の表面部分のみですが、そこから細菌が入り込んで肌が荒れると言うケースがよくあります。菌の侵入を防ぐ意味でも、顔をコーティングして守ってあげなくてはなりません。ヒアルロン酸に代表される、肌に優しく潤いを保てる成分が含まれているものを購入しましょう。特に逆剃りをする方や、一度に何度も剃る方は必須の事項と言えます。

 

「製品の形状と言う意外な盲点」

シェービングクリームには様々な形状の製品が売られていますが、この形が使用時の利便性を左右する事もあります。例えば、缶状のタイプはボリュームが多い利点はあるものの、置く場所に悩まされたり処理が面倒なデメリットがあります。この点は、横に広がったプラスチック状の容器を買えば解消します。しかし、中には買い物の頻度を減らしてお得に購入できる缶タイプが良いと言う人もいるでしょう。それぞれの目的に合わせて、形から選択するのも一つの購入方法です。

 

「さいごに」

パッケージには濃密な泡の写真が描かれてあったりと、泡に目が行ってしまいがちですが、他にも様々な重要ポイントがあります。上記のように、含有成分の知識も付けた上で商品を選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

関連記事

    None Found