手汗ケアの制汗剤といったらファリネというぐらい知名度は高いです。

いっぽう、一般的な制汗剤で評判が高いものとしてデトランスα があります。

ファリネは国産ですが、デトランスα は輸入品です。

国産のほうが安心感はありますが、デトランスαも有名なので、ファリネとデトランスα、どっちを買ったらいいのか迷っている人もいるかもしれませんね。

ファリネとデトランスα、どこが違うのかまとめてみました。

その前にまず知っていて欲しいのは、汗には2種類あるということです。

二種類の汗腺、エクリン汗腺からの汗とアポクリン汗腺からの汗です。

エクリン汗腺は全身に広く分布していますが、特に手のひらなどに多く、
アポクリン汗腺は、脇の下、乳輪部、ヘそ周り、陰部周辺に主に分布しています。

エクリン汗腺からの汗は99%が水分でサラサラとしています。
手汗が透明なのはエクリン汗腺からの汗だからです。
臭いを発することはありません。

アポクリン汗腺からの汗は透明度が低く粘り気があります。
また、タンパク質や脂質を含んでいるためそれを養分として雑菌が繁殖しやすいんです。
そのためワキガや黄ジミを生じさせます。

ファリネは、出てきた手汗にも反応しますが、その元となるエクリン汗腺に直接働きかけ、
フタをして汗の分泌を抑え、手汗自体を出なくする特徴をもっています。

デトランスαも汗の元となるアポクリン汗腺に直接働きかけ、
フタをして汗の分泌を抑え、脇汗自体を出なくする特徴をもっています。

どちらも汗の本に働きかけて汗自体をシャットアウトする、優れた制汗剤です。

ただ、働きかける汗腺が異なるんです。

つまり、どちらが効くの?と訊いても意味はありません。

どちらの汗を抑えたいかで、ファリネとデトランスα、どちらを選ぶべきかが決まってくるのです。

手汗抑制が目的ならファリネを選ぶべきです。

参考:ファリネ

関連記事