髭に対して抵抗がある人というのは、特に女性に少なくありません。
確かに中には髭が好きだという女性もいますが、まだまだ少数派ですので、生やすとしたら髭の汚い印象を与えないようにすることは大切です。
自分がよければいいというのではなく、周りを不快な気持ちにさせないためにも必要なことなのです。

 

 

<髭は手入れをする必要がある>

髭がどうしてもだらしなく、不潔に見えてしまうのは、ぼさぼさだったりまばらだったりして手入れが行き届いていないせいです。
例え自分ではおしゃれ髭のつもりでも、周りがそう捉えていないのなら、汚いと思われても仕方ありません。
髭はしっかり剃るか、生やして長さや形を丁寧に整えることです。
髭ひとつで自分の印象は変わってきますので、身だしなみとして毎日の習慣にしていく必要があります。
形を整える時のポイントは髭を生やしている芸能人を参考にしてみると良いですね。

 

 

<整えようのない髭はどうしたらいいの?>

ただし中には髭が剛毛すぎて整えようのない人もいます。
朝しっかり剃っても、夕方頃に青髭になってしまうと、疲れているようにも見えますし、見た目より老けても見えがちです。
元々が色白だと剃った後がブツブツと目立ってしまうと、髭が濃いせいで損をする顔になってしまいます。
このような場合にはどうしたら良いのでしょうか。
最近では男性専用の脱毛クリニックもあります。実は髭というのは男性の脱毛では人気のある部位なのです。
あまりにも濃い髭の場合には、脱毛ですっきりとしてしまうのもひとつの方法です。男性の太くて濃い髭も、医療用のレーザー脱毛機なら全く毛がない状態まで脱毛することができます。
一部だけ髭を残してかっこよく整えたいという場合には、デザイン脱毛もあります。デザイン脱毛なら好みの部分だけ残せますので、周囲を剃る手間がなくなります。周りがすっきりと脱毛される分、デザイン部分が強調されて清潔感を演出することも出来るのです。
ただし注意点として永久脱毛をしてしまうと髭はもう生えてこなくなってしまいます。ひょっとしたら先で髭を生やしたくなるかもと考えるのでしたら、脱毛エステを選ばなくてはいけません。

 

 

<髭と相性のいい髪形は?>

髭をいくら整えていても、髪型次第ではやはり汚いと思われてしまいがちです。
髭と相性の良い髪形は短髪です。髪が長くて髭がぼさぼさでもカッコイイと言われるのは、俳優やアーティストのような職業だけです。
髭の長さと髪の長さを同じくらいにすることで、髭も込みでファッションなんだと印象付けることができれば髭を生やしていても汚いと思われることも減っていきますね。(参照:髭 汚い

 

 

関連記事

    None Found