やっておくべき事項として、どのようなシェービング剤を使用すべきか
というと、髭剃りには一般的にジェルタイプのものが人気なのですが、青髭対策の場合は、泡タイプのものを用いましょう。

 

カミソリで剃る前にすべきこと

T字のカミソリで髭を剃る場合には、刃を入れる前に蒸しタオルや、電子レンジなどで温めた濡れたタオルで顔を温めましょう。暖かい湯で顔を洗うことも悪くはないです。そのように毛穴を十分に開かせてから、髭剃りをすると青髭 対策には効果的です。
このような方法で髭剃りをするメリットは、自分でできることから、手軽に取り組みやすいことと、特に痛みがないことです。
その反面、デメリットとしては、どのように巧みに深剃りしたとしても、多少は青髭が残ってしますことです。このために、目を見張るような変化には期待しないほうが良いでしょう。

 

 

青髭対策には、日焼けをしてみよう

褐色に日に焼けた素肌と、白い肌の場合とでは、後者のほうが青髭が目立ちます。白い肌のほうが、髭が透けて見えやすいためです。黒人に青髭が生えている人はいないですよね。これは、白地のなかに黒いものは非常に目立ちますが、褐色のなかに黒いものが存在していれば、あまり目立ちません。このために日焼けをすることによって、肌を透けにくくして、青髭を目立たなくさせることができます。
日焼けをすることのメリットとして、日焼けサロンに通わずに、太陽で日焼けすれば無料で日焼けできます。それに容易であって、特段痛みがあるようなことがないことです。
反対にデメリットとして、今は良くても、将来的にシワとかシミが発生する可能性が高くなります。日焼けをし過ぎると、ガラが悪くなる場合がありますから、注意しましょう。
日焼けサロンでは、顔だけの場合は、20分で2000円ほどで日焼け可能です。

 

 

青髭対策に除毛クリームを用いる

カミソリで髭を剃ろうと思えば、肌の表面の髭はそることが可能ですが、皮膚に埋まっている部分を剃る事は不可能です。しかし、除毛クリームを用いて、ある程度毛穴の内部までの毛を処理することも可能です。除毛クリームを用いた脱毛方法とは、アルカリ性のクリームによって、髭のタンパク質を溶かしてしまうという方法です。
このメリットは、簡単に自宅で行えるというものです。そして、この除毛クリームを用いれば、苦労して深剃りをする必要がなくなるために、カミソリ負けの心配をする必要がなくなります。そして、深剃りした場合に比べて髭が生える速度が低下して、抑毛効果にも期待できます。
その反面、デメリットとしては、除毛クリームを使用している間は、ヒリヒリすること、そして、肌荒れを惹起してしまう可能性があることです。

 

 

関連記事

    None Found