男なら誰しも憧れるかっこいい引き締まった筋肉!
日本人は世界で見ても筋肉に対して悲観的な人が多いですけど世界的見れば筋肉のある男がかっこいいってのが世界常識です。
お隣韓国ですら有名人になるとみんな体を鍛えマッチョにならなくてはならないと言う風潮がある位です。
向き向きの筋肉を手に入れればTシャツを着るだけでおしゃれに見えます。
はっきり言ってマッチョはきもいって言うのが多いのが日本の人ですが実際のところはマッチョはモテます。
今回はムキムキの筋肉を手に入れる方法を紹介していこうと思います。
ムキムキになる効果的な方法はやはり筋トレです。
バリバリと筋トレに励むのが1番の近道です。
しかし筋トレも奥が深いです。
腕や胸、または全身などムキムキにしたい場所によってはトレーニングが異なってきます。
それに期間も長い期間必要となるため、筋トレや食事の方法を考えながら行っていく必要があります。
とりあえず、ムキムキになるには、筋トレを始めましょう。
筋トレと言うと、ひたすら腕立て伏せと腹筋だけをする人もいますが、ぶっちゃけそれだけではムキムキになりません。
筋肉をつけるにも正しい知識が必要です。
ムキムキになる方法は、まず高負荷かつ、低回数の筋トレが基本になります。

腕立て伏せや腹筋のような自重トレーニングでは、負荷が軽すぎてしまいます。
ギリギリ10回程度で限界がくる重さで筋トレをするのが鉄則です。
ですので筋トレをするならダンベルやバーベルなどの器具を使って重さを調整しながらするのがお勧めです。
ただ何も考えずに体を鍛えれば筋肉がつくと思うのは大間違いです。
今気をつけたいと思えば筋トレと同じ位大切になってくるのが食事です。
いくら、トレーンングをしっかりしていても、食事がおろそかだと筋肉は大きくなりません。
具体的にムキムキになる食事法としては、タンパク質をたくさん取るのです。
筋肉は、タンパク質で出来てますので、トレーニングの後はタンパク質をたくさんとって、筋肉の成長をサポートさせましょう。
具体的に言うとトレーニング中は、1日あたり100g程度のタンパク質は必要と言われています。
それらを、普段の食事からとるとなると、正直かなり厳しいです。逆に取れたとしてもカロリーオーバーで太ってしまうリスクもあります。
かっこいい体験を自ら筋肉をつけるのにぶくぶくと脂肪がついてしまっては何の意味もありません。ですので、効率よく取るには、プロテインやHMBサプリを取ることをおすすめします。
筋トレをしてしっかりとした食事をすれば良いかと言えばそれだけでもないのです。
これがと同じぐらい重要なのが休憩なのです。
いくら筋トレをして栄養を補給しても、しっかりと休養とらなければ効果は薄いでしょう。
筋トレをしてる時はしっかりと睡眠時間をとります。
いわゆる夜の10時から夜中の2時まではゴールデンタイムと言われております。
この期間は成長ホルモンがたくさん出ますので筋肉が付きやすいと言われています。
また激しい筋肉をした後には48時間から72時間はしっかりと体を休ませる必要があると言われています。
これはいわゆる、超回復理論と呼ばれるものでこの期間の間に筋肉は大きくなると言われています。
逆にこの期間の間に筋肉を破壊すると筋肉がつかないとわれています。
それどころか激しい筋肉行ってしまうと逆に筋肉が衰えてしまうことも考えられます。
ですので激しい筋肉をした後は48時間から72時間はしっかりと体を休ませるようにしましょう。
興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒ビルドマッスルHMB

関連記事

    None Found