吹き付けタイルには、仕上げ方の種類が幾つかあり、そのやり方によって価格は変わります。
知りたい!吹き付けタイル 種類 価格はこちらをクリック!!
スタンダードなやり方には、中粒仕上げや押さえ仕上げなどがあり、中粒仕上げは紙粘土を練ったようなタイル素材を、外壁に吹き付けます。
中粒仕上げは劣化した時、上塗りをすれば機能は回復しますが、耐久年数はさほど長くありません。
価格相場は1平方メートル辺り、1200円程度です。
押さえ仕上げは、吹き付けた後凹凸の表面を潰して平らにする方法です。
平らにすることで見栄えが良いので、人気があり今1番使われている方法です。
1平方メートル辺り、1200円位が価格相場です。
これらのスタンダードな、吹き付けタイルの方法以外にも種類があり、リシンやサイディングなどがあります。
リシンは、アクリル塗料などにリシンという、砂状になった骨材を混ぜた物を外壁に吹き付けて仕上げます。
つや消しの性質があり凹凸がある為、下地を隠すことが出来ます。この方法のメリットは、通気性が良いことや湿気にも強く、更に好みの色を付けることができます。
1平方メートル辺り1500円が価格相場です。
サイディングは、断熱材を貼り表面にスチームやアルミなどの、金属物質を貼り付ける方法です。
この方法のメリットは、耐熱や耐震、防水などに優れています。1平方メートル辺り1500円が価格相場です。

関連記事


    外壁塗装をする時に使用する塗料は種類がありますが、耐久年数が大きく異なってくるので選ぶ時はしっかり確認する必要があります。 そこで塗料の種類と耐久年数を見ていく事にしましょう。 参考: 外壁塗装 耐久…