ゼロファクター5αSPシェイブジェルとは、どのような効果を発揮するのでしょうか。また、どのくらい使用を継続すれば効果が出てくるのでしょうか。

ゼロファクター5αSPシェイブジェルは、たったの1度や2度使ったからといって、即時に効果を発揮するものではありません。ゼロファクター5αSPシェイブジェルは、1本につき、内容量は150gであって、1ヶ月以上もつとされています。抑毛効果を発揮するためには、最低でもこれ1本使ってみないと、効果がなかったなどとは到底豪語できないでしょう。人によっては、ゼロファクター5αSPシェイブジェル1本で1ヶ月半から2ヶ月はもつのではないでしょうか。それまでに何らかのヒゲの毛周期を遅らせる効果に期待できるでしょう。ヒゲの毛周期が長くなることによってヒゲの生える速度が遅くなれば、その分、ヒゲ剃りの回数自体が減少するために、ゼロファクター5αSPシェイブジェルを使う頻度も減るために、さらに長持ちすると考えられます。ヒゲを剃る頻度が減少することによって、カミソリ負けで肌を傷つけてしまう機会も減少することから、とても良い傾向と言えますね。

カミソリ負けする人であれば、5αSPシェイブジェルを使用してみましょう。ヒゲ剃りの際に、何もつけないという人であっても、ゼロファクター5αSPシェイブジェルはオススメできます。ゼロファクター5αSPシェイブジェルは、T字のカミソリでも電気シェーバーのいずれにおいても使用可能であって、普段からどちらでヒゲ剃りをしている人でも、その方法を変更することなく使用できることが利点です。

ゼロファクター5αSPシェイブジェルには、抑毛効果のみならず、毛そのものを薄くする効果もあります。しかし、ヒゲのような頑丈で強い毛が、そうそう容易に薄くなるのでしょうか。疑問を隠しきれないところですが、あくまで副次的な効果に期待しましょう。こうした毛を薄くする効果は、別売りされているゼロファクター5αSPローションと併用することによって、さらなる効果を発揮しうると記載されています。抑毛剤は、大抵がヒゲを剃った後に、ローションを馴染ませるというタイプのものが多いのですが、ゼロファクター5αSPシェイブジェルは、ヒゲ剃りをしている最中であっても、抑毛成分を浸透させていくというコンセプトのもとで開発されたシェービングジェルです。これ単体でカミソリ負けを防止し、さらに抑毛できる性質を有しています。

関連記事

    None Found