男性は年齢と共に髭が濃くなってくることを悩んでおられる人は多いと思います。
毎朝の髭剃りで肌を痛めないように抑毛成分の入ったジェルや基礎化粧品を使っておられる人も少なくありません。
その中で、ゼロファクター5αローションは青髭にも抑毛効果が期待できるものとして宣伝されていますが、
口コミをチェックすると、意外にも青髭には効果が薄いという感想を書いておられる人もおられます。
本当に効果がないのでしょうか、それとも使用方法に注意が必要なことがあるのでしょうか?

 

 

青髭の生えるメカニズムを理解して使う

青髭は、男らしい力を保つのに必要な男性ホルモンであるテストステロンと、
5αリダクターゼという毛根付近にある酵素が結びついて生えてきます。
ゼロファクター5αはこのメカニズムを解明した上で、
5αリダクターゼがテストステロンに結び付かないように働きかけるというものなので、
髭剃り後のお肌に保護と潤いを与え、毛穴を引き締め、青髭を目立たなくしながら髭が生えにくい毛根へと整えてくれます。
それで、髭の毛根の周期を考えると、それだけ続けて継続的に使用する必要があります。

 

 

ゼロファクター5αローションの成分からすると効果が期待できないか

ゼロファクター5αローションは5αリダクターゼの働きをテストステロンと結びつかないように働きかけることに加え、
抑毛効果を高めるために、大豆やザクロ、ガウクルアという女性ホルモンにあるエストロゲンの働きをする自然由来成分が配合されています。
さらに青髭が剛毛にならないようにパパイン、ジオウ、チョウジ、オウゴン、サンショウ等の天然成分も配合され、
それらを、素早く毛根部分に届けるために粒子が通常の10億分の1mサイズにまで小さくされています。
通常の抑毛剤には有効成分が3~4種類程だそうですが、ゼロファクター5αにはその倍以上全11種も入っていて、
どれも抑毛効果が期待できる成分です。
これだけの成分が入っていて効果が期待できないとしたら、他の抑毛剤もどれも効果がないことになってしまいます。

 

 

いつ、どれくらい使えば効果が期待できるか

ゼロファクター5αローションは、髭剃り後のローションとして使うことが出来ますが、口コミで効果が上がった使い方は、
一日に3~4回、洗顔後や入浴後にも使うと、毛穴が清潔な状態で、より成分の浸透効果が上がります。
また、ご使用量も、少し広い範囲に厚めにたっぷりと塗ることで成分がより深層部分に届きやすくなります。
ゼロファクター5αローションで効果が上がったとおっしゃる口コミでは、徐々に肌の調子も良くなって、髭の濃さが改善されています。
年々濃くなっていく髭を薄くするには、ある程度の期間が必要ですが、ゼロファクター5αローションは、抑毛を待っている間も肌の質も良くなりますので、一石二鳥のローションです。(参照:ゼロファクター 口コミ

 

 

関連記事

    None Found